マウイ島でホエールウォッチングクジラ鑑賞





「クジラの島」と呼ばれるほど毎年多くのクジラが訪れるマウイ島。冬のシーズンにはクジラを鑑賞する「ホエールウォッチング」が楽しめるクルージング・ツアーが多く出ていますが、当ホテルコンドミニアムが位置するカアナパリにもクジラが鑑賞できるスポットがあり、コンドミニアム内の海に面した部屋からも高確率でクジラを目撃するチャンスがあります。今回はマウイ島名物である「ホエールウォッチング」について、基本的な情報をご紹介させていただきます。








12月~4月はクジラのシーズン


 マウイ島では、冬(11月~4月頃)のシーズンになると繁殖や出産、育児のために、アラスカから暖かいハワイの海を目指して多くのザトウクジラがやってきます。ホエールウォッチングに一番良い時期は1月下旬から3月上旬までと言われており、この時期のホエールウォッチング・クルーズでは多くのクジラを見れる可能性があります。


 







クジラ鑑賞スポット


カアナパリ近辺では、カパルア~カアナパリ~ラハイナ~ワイレアなど西海岸のリゾートエリアから簡単にクジラの姿を確認することができます。なかでも有名なビューポイントが、マアラエア~ラハイナ間にあるマクレガー展望台です。

 







ザトウクジラとは?


ザトウクジラは、水面からジャンプしたり、尾びれで水面を叩いたり、ダイナミックに潮をふいたりと、様々なパフォーマンスで楽しませてくれます。名前の由来はその姿が琵琶を担いだ座頭に似ているためで、標準的な個体では体長11~16mほどあります。

 







海沿いの部屋からクジラが見える


当ホテルコンドミニアムは、オーシャンビューのお部屋からクジラが見れることで有名です。そのため、シーズン中は多くの方がクジラ鑑賞目当てでオーシャンビューのお部屋を予約されます。エキサイティングなホエールクルージングに出掛けるのも良いですが、カアナパリ・アリイの静かなお部屋で壮大な海を眺めながら、クジラが現れる瞬間をのんびりと待ってみるのもまた格別の楽しみと言えます。