イアオ渓谷州立公園の観光情報





カフルイから約15分、マウイ島の西側にあるイアオ渓谷州立公園は、美しい景観を誇る渓谷でマウイ島の観光名所となっています。マウイ島の通称は、「渓谷の島」。イアオ渓谷はマウイの4つの水を意味するナー・ヴァイ・エハーの一つです。イアオ渓谷は現在、約16㎢の敷地の州立公園として整備されていて、手軽に渓谷の自然を楽しむことができます。マウイのパワースポットと言われるだけあって、渓谷はひんやりした空気に包まれ、あたり一帯神々しい雰囲気が感じられます。








イアオ・ニードル


 すばらしい絶景が見られるイアオ渓谷の一番の見どころが、イアオ渓谷のシンボルといえる「クカエモク」、通称イアオ・ニードルです。「イアオ渓谷の針」という名の通り、針のような形状で天に向かってそびえ立つ岩はとても迫力があります。イアオ・ニードルは、遊歩道を進んだ一番奥の展望台から眺めることができます。荘厳な雰囲気の中でそびえ立つ姿は神秘的で、ぜひ見ておきたい絵になる景観です。


 

イアオ・ニードルにまつわる悲しい伝説


その昔、美しい娘イアオが半漁人の神プウオカモアと恋に落ちました。その恋に猛反対のイアオの父である神マウイは、プウオカモアを殺すと怒り狂ったのだそう。火山の女神ペレとイアオが「命だけは助けてほしい」と必死にお願いし、プウオカモアは殺されることは免れたものの、岩に変えられてしまったのです。その岩がイアオ・ニードル。イアオは岩になったプウオカモアを、その後も一途に想い続けていたのだと言われています。

 




激戦地であったイアオ渓谷


イアオ渓谷は、自然の美しさだけではなく歴史的にも重要な場所です。 渓谷はたくさんの戦いの舞台となっていて、渓谷全体を見張ることができる位置にあったイアオ・ニードルは、戦時中の見張り台としても使われていたそうです。中でも1790年のカメハメハ大王がマウイ島を征服したケパニワイの戦いは、ハワイ史上最も激戦で辛い、悲惨なものとして後世に名を残しています。戦いはカメハメハ大王の軍が勝利を治めましたが、同時に、両軍から多くの兵隊が犠牲となりました。谷底を流れるイアオ川の水は血で赤く染まり、犠牲となった死体は渓谷に流れる小川の流れをせきとめたといわれています。このことから、この戦争は「せき止められし水」を意味するケパニワイと呼ばれるようになったのです。 現在は、地元の子供たちが渓流に飛び込んだり、天然プールとして遊ぶ平和な光景が見られます。


 





パワースポット


ハワイにはパワースポットがたくさんありますが、イアオ渓谷は特に不思議なエネルギーな宿る場所としても知られています。 古代ハワイアンの間では、亡くなった人の骨にはマナ(聖なるエネルギー)が宿り、特に王や酋長など身分の高い人の骨には強いマナがあると考えられ、このイアオ渓谷の地に埋葬されてきました。埋葬場所は秘密にされていたため渓谷のどの辺りなのかは特定できませんが、古来より神聖な場所として扱われてきました。ハワイ語で「至高の光」という意味のイアオ渓谷は、今もマウイの人にとって神聖な場所で、強いエネルギーを持つと同時に静かで心やすまるスポットでもあります。


 





天候にご注意


イアオ渓谷は雨が多いことで有名な場所。山頂は霧や雲で隠れてしまうことが多く、ニードルを拝めないこともあります。天候が比較的安定している午前中に行くのがおすすめです。渓谷の日没は早いので、夕暮れや遅い時間に訪れるのはおすすめしません。


 





ビーチリゾートが魅力のハワイですが、手つかずの自然の雄大さを存分に感じられるのも魅力の一つです。伝説と歴史が残るイアオ渓谷で、リゾートとは違うマウイ島の一面を知るのはいかがでしょうか。